日記ではなく週記かな?ときどき覗いて頂ければはっぴー!


by puu-ri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:レッスン( 7 )

アップアップ

先日のラウンドレッスンのあと、レッスンでみてもらうのはアプローチオンリー!!!
今までの打ち方がかなりヤヴァかったので、根本から教えてもらってます。

構え方から直してるので、すぐに結果がでるなんて思ってませんが、
びっくりするくらいアプローチがヘタッピです。


今日、レッスンの最後に素振りしてて、やっと、ソールを上手く使えてないことを自覚。
バンカーから球が出るわけないわぁ(>_<)と納得。

じゃーどうするの?って、ドリルやイメージの出し方をいくつか教わってます。
が、ショットのときよりも時間がかかりそう。
やりがいありますね~。

先生は教えガイがないかも・・・。

ということで、GWにイベントのない方は コチラ でヒト笑いしてくださいませ。

人気blogランキングへ
↑楽しい気分になった方はよろしければクリックおねがいしま~すm(__)m
[PR]
by puu-ri | 2007-05-01 22:24 | レッスン

変身願望

レッスンに通い始めてもうすぐ3ヶ月。
ダンナは少しずつ階段を登っております。


私はといえば・・・。
踊り場付近で立ち往生(>_<)
ずーっと同じことを言われております。
言われていることが出来なくて、次の課題がやってきません。トホホ。

大抵、私の打席に来たところで、先生が素振りをはじめます。
いつも、私がイメージしやすい言葉を捜してくださっているようです。
ホント、ガンコ者でスンマソなんです。

あっ、内容が暗いっぽいケド 決して腐っておりませんので悪しからず。

で、最近自覚はあるがどうもうまくいかない私を見て、先生が渡してくれたのは
”ソフトバレーのボール”でした。
コレを太もものあたりに挟んで落ちないように素振り。素振り。素振り。

汗かきました。

じゃなくて、目から鱗。

先生から言われてることがいっぺんに解決。(したような気がした。)

で、この素振りをしばらくやったあと、球を打っていたら先生から、
「puuさん、やっと変身する気になりましたね!」とのお言葉。
おー、久しぶりに OK が出たぞ~(喜)
って、OK っていう意味の言葉・・・よね?


かなり違和感がありありだけど、すっごくいいことがありそうな予感がするので、
しばらくはこの素振りでがんばりマス。





f0066278_20473771.jpg
←コレでガンコな
”悪い癖” とか 
”無駄な動き” を
キレイに落としたいマッスル(誤)





人気blogランキングへ
[PR]
by puu-ri | 2007-02-20 20:53 | レッスン
今日は、前回のレッスンの時に教えてもらったウエッジの練習をコツコツと

コツコツと


シャクーン、シャクーン、シャクーン。

わっしょいわっしょい♪わっしょいわっしょい♪そ~れそっれそっれ~  シャンク祭りじゃー。
ヽ(;´Д`)ノヤメテー

シャンクを記憶から消し去ろうと、7Iの練習してたら
先生から、「puuさ~ん、ウエッジの練習しましょう。」と素敵な笑顔。


シャクーン。

この音目立つんですケド。
ダンナのスイング見てるハズの先生の目がこっち見てるよぉ。。。

先生からアプローチの特訓をしていただきました。
アリガタヤ~。
今日教わったことを明日も覚えていられますように(切望)

人気blogランキングへ
[PR]
by puu-ri | 2007-01-28 21:33 | レッスン

目から鱗

昨日からレッスンに通うことにしました。

先生と話してたら、
「悪い癖は自分でつけたんだから、いい癖をつけていけばいいんですよ。
とのお言葉。
なんか、つき物が落ちていくというか目から鱗でした。

悪い癖を直そうと思うと何故か、『難しいな~。』とか、『大変だ~。』と泣きが入るけど、
いい癖をつければいいと言われたらなんだかできそうな気がしました。
根が単純なんです。
というか、今の私にはスマッシュヒットなお言葉でした。

言葉の使い方1ツで気持ちも変わるんですね。



人気blogランキングへ
[PR]
by puu-ri | 2006-12-04 17:53 | レッスン
ハイ、この日はウエッジをレッスンしていただきました。

もともとすくいうちの私は、練習場ではロブショットしてんの?って勘違いするくらい、
AWもPWも前にというより上に飛んでいきます。
なので、バンカー以外はSWの出番はありません。
悲しいことに、飛ばない(すくいうちする)ことを前提にコースで打つと、
「ギャー!!!」、どトップでグリーン奥のラフへ、返しはトップを嫌って
前進50センチくらいなんていうドタバタ劇場を繰り広げてます(涙)。
だったら、9Iか8Iで転がしのアプローチ術を身につけた方がいいのかも・・・・、
なんですが。

先生からは、
*ハンドファーストで打ちましょう!←やっぱり
*ボールの位置が、体の真ん中くらいになってるので、右足のつま先くらいの
 位置にしましょう。
*体が左に流れるので、その場でまわしましょう。
*右肩が、あごの下をとおるイメージで打ちましょう。
 (私は、右肩が正面につきでる感じになってました。)
でした。

それから少しして、「ちょっと、1ヤードくらいのアプローチしてみてもらえますか?」
と言われ、「ハーイ」とポンポン打ってたら、「球が全部左に出てますね。」
とのご指摘が・・・。
そういえば、コースでも短い距離のアプローチがいつも思ったところより左に
出ることが多かったんです。
根本的に打ち方が悪かった。←自覚がないってある種才能です(苦笑)

そこで、教えてもらったのが
 「左手で右ひじの少し上くらいを持って、右手だけで1ヤードくらいを打つ。
  少し打ったら普通にグリップして30ヤードくらいのアプローチを打つ。」
というドリルを繰り返しやってみることです。
これで、まっすぐ球を打つ感覚を身につけるみたいです。

短いアプローチが目標方向に打てないと、スコアアップにつながらないですね。
すくいうちを直すのもさることながら、まっすぐ打つ練習しなきゃ!

人気blogランキングへ
[PR]
by puu-ri | 2006-02-18 10:35 | レッスン
この日は、アイアンとドライバーをみてもらいました。

まずはアイアン。

テークバックでクラブをまっすぐ後ろに引く。
テークバックで、どうしても手首をローリングさせてしまうので、
(クラブヘッドが腰の高さにきたときに、すでに、ヘッドが上をむいている。)
手首をつかわずにまっすぐあげましょうとのこと。
*手首のローリングが激しいので、上手く戻ってくればまっすぐ、
 返し足りないと右へ、右を嫌って手首を返しすぎてひっかけ、
 と安定しないスイングです。
要するに、シンプルな動きで球筋を安定させようということでした。

それから、トップの位置で右の脇が開いてしまうので、もっと右脇をしめること。
(右脇が開いてしまうので、クラブが飛球線より右に向いてしまうようです。)

手首の力を抜く。(いつも、飛ばす気満々で、手首がガチガチになってました。
手首の力を抜いた方が、楽に打てるはずなのに・・・・。)

そして、ダウンスイングは手から振り下ろすのではなく、右腰を切って、
ハンドファーストのイメージで、クラブが腰の高さになったら、
そこで、リストターンをして振りぬく!
 ↑
今の私には、これ超難しいです。アイアンはどの番手もすくいうち気味で、
前にというより上にあがっちゃう感が強かったので、ハンドファーストに打つ
イメージにすると、どうしても左に引っ掛けてしまうんじゃないかという不安が
あります。(やっぱり、手首を使おうとしてます(涙))

イマイチ感覚がつかめないのですが、上手く打てたかな?って時は、飛距離は
今までとかわりませんが、今までよりも強い球が打てるような気がします。

次にドライバー。
これは、もう、いつも、「打つぞー、飛ばすぞー!」オーラがめらめら出ている
らしく・・・。

まず、ここでも「手首&グリップ、肩の力を抜きましょう。」
「右ひじは少し曲げておくくらいのつもり(遊びを持たせる感じ)でアドレスをしま
しょう。」
「テークバックは、左手で後ろにいる人と握手をするようなイメージで、左肩を
入れて左腕をまっすぐ後ろに引きましょう。」
でした。

そして、ここで、いつも旦那にも言われていたのですが、
「アドレスの時の手の位置が体と離れすぎているので、もう少しボールに
近づきましょう。」と言われました。
猫背になっているので、背筋を伸ばして、体に近いところというか、アドレスした
位置にきちんと手が戻ってくる様にスイングをする。
これは、ドライバーだけでなく、すべてのクラブでアドレスの位置がかなり遠かった
様です。
(指導していただいた位置に立つように心がけてはいるのですが、今はまだ慣れ
ないのでかなり違和感があります。早く慣れなきゃなー。)

人気blogランキングへ
[PR]
by puu-ri | 2006-02-15 11:17 | レッスン
「今年は、ゴルフ頑張るぞ!」ってことで、今日はラウンドの予定でしたが、
都合によりキャンセル。

私のゴルフの不調を心配した旦那が、「レッスン受けておいで」と背中を
おしてくれました。
「折角ラウンドも一杯する予定なんだから、やっぱり上手くなった方が
楽しいでしょ?」って。

頭の中にレッスンで言われたことを忘れないように覚えておこうと思って
たんですが、これからバタバタして忘れちゃいそうなので、今日は、日記
というか備忘録です。

初回のレッスンを受ける直前に、トップのオーバースイングと飛球線方向より
大幅に右にクラブが向いてしまうのを直そうと、小さなトップからビュンと振る
練習をしました。

これで、ダフりが減って自分的には球のとらえ方が良くなったかなー?
と思っていたのに、飛距離が1~2番手くらい落ちてしましました(涙)
レッスンで先生にそのことを話すと、
「トップを小さくすることにばかり意識が働いて、手打ちになってますよ」とのこと。

これを改善するドリルとして、
クロスハンドグリップ(手は拳一つ分くらい離す)で握って、体重移動を意識して
腰から腰の高さぐらいにクラブを振って球を打つ。
でした。(この日は、ティーアップして4番ウッドでドリルをやりました)

このときに、ボディーターンで振るためには、左の背中(肩の下くらい)と、
右腰に張りを感じる様にということでした。

で、ドリルをやったあと、普通にスイングしたら飛距離が戻ってました(本人びっくり)。

で、先生がおっしゃるには、「トップを小さくするということは考えず、正しいスイングを
すると結果的にトップは小さくなる。」そうです。

このドリル毎回やってみようと思います。

ちなみに、この先生褒め上手。
スイングは褒めてもらいました。ここまで、育ててくれた旦那に感謝です!

人気blogランキングへ
[PR]
by puu-ri | 2006-02-13 13:49 | レッスン